車はどうやって売るの?まずはその流れについて簡単に解説

売却側が用意する書類とは?

まず売り出す側が用意する書類は以下になります。(必要なものばかりなので、必ずチェックしておきましょう)

・自動車検査証
・自賠責保険証明書
・自動車税納税証明書
・委任状と譲渡証明書
・印鑑証明書
・リサイクル券
・住民票や戸籍謄本

主に「自動車検査証」「委任状譲渡証明書」「印鑑証明書」は名義変更で使用する書類です。また以前と住んでいる場所が変われば、「住民票」とかも必要です。
基本的に買取専門店で提出する書類とあまり変わりませんが、後からトラブルに遭わないためには、必要な書類を確認しておく必要がありますので注意しましょう。
さらに印鑑登録とその取得には時間を要することもあるので、ついでに印鑑登録も済ませておくようします。

買取側が用意する書類とは?

さて売却側が用意する書類は多くありましたが、続いて買取側が用意するべき書類はどうでしょう。

・車庫証明書
・印鑑証明書

買取側が用意する書類は意外と少なく、上記のたった2つだけです。
主に車庫証明書は名義変更で使用するため、必要であれば、最寄りの警察署を尋ねて取得しておきましょう。
そして売却側と同じく印鑑証明書も名義変更の際に必要になってくるので、最寄りの市役所で印鑑登録を済ませておきます。ただし発行から3ヶ月以内のものとしますので、ご注意を。

いかがでしょうか。個人売買を考えている人の中には「面倒だしさっさと手放して売ろう」と思うかもしれません。しかし最終的には、買取専門店で売却する場合と同じように書類や手続きを行わなければいけませんので、売買する際にはしっかりと大事な書類を用意しておきましょう。


このコラムをシェアする