個人売買のメリットとデメリットについて

個人売買のメリット

個人売買のメリットとしては、売る方は買取店よりも高く売れるだけでなく、買う方も中古車販売店よりも安く買える可能性があります。また相手と直接取引になりますので、お互いの利益はより大きいです。
そしてお店に車を売ったり、買ったりすると消費税がかかってきますが、売り手が法人でない限りは個人売買で消費税が一切かかりません。そのためか消費税が増税されると個人売買市場が活発になるのではとも言われているようです。手間やリスクを考えると店で売買した方が良いと考える人が多いのでしょう。

ちなみに最近はいろいろなサービスも増えてきており、個人売買も身近になったと思います。あと希少車が見つかることもあるので、販売店で買うよりお得かもしれませんね。

個人売買のデメリット

しかしその反面、デメリットもあります。
特に個人売買はトラブルが発生する場面がたくさんあるので、しっかり対策しないと後が大変です。
例えば車の値段を決める時。双方が合意すればいくらでも良いのですが、お互いの利益バランスがうまく取れないと、どちらか損をすることがあります。
またインターネットだと見知らぬ相手と取引をするわけですから、相手を信用ができません。しかし最近では契約書で取引を行うので大丈夫だと思いますが、それでもトラブルは起こるので、その気持ちを受け入れた上で売買を行うといいでしょう。

もしも安心して車を売りたい時は、買取店を利用しましょう。さらに一括査定を利用すれば高額で買い取って貰える時がありますので、個人売買が不安な方はどうぞ。


このコラムをシェアする