トラブルに合う前にやるべきこと

負担に関して

車を売買した際によく起こるトラブルが、売買後に見つかることです。そんな時に気をつけるべき点といえは、「これらの出費を誰がどのように負担するか」だと思います。とは言っても、小さな金額なので気にならないと思いますが、車の個人売買だと後から金額も積もるものなので、トラブルを起こさないようにあらかじめ負担する金額を決めておく必要があります。

さらに車を個人売買すると名義変更や車検代だけではなく、さまざまな出費が重なります。
ちなみに買取店だと店側が責任を持ってくれますが、個人売買だとどちらがどのように負担するのかを明確にする必要があるので、売買前にしっかりと車の状態を確認しておきましょう。
もし実際にトラブルが起きた場合の負担ついての「契約書」を作成するのもアリです。

トラブルを事前に防ぐサービス

一昔前だと車の個人売買は家族や親族、知人との間で行うイメージでしたが、現在はインターネットの普及があり、車の状態を見積もってくれたり、名義変更を代行してくれるサービスを利用する手段が増えました。
特に名義変更をする時には住民票といった個人情報が必要になってくるため、中には他人に個人情報を渡すというのは、不安に感じるものだと思います。しかしちゃんとした企業に代行を依頼することで、様々なトラブルも避けることができます。
例えば有名な車買取サービス「ガリバーフリマ」とかです。このサイトは名義変更を代行するほか、確実に車と必要な書類が引き渡され、代金が振り込まれるように仲介しているので、安心して取引ができます。


このコラムをシェアする